家造りのコンセプト

家族を守り、安心・快適を追求した住まい

憧れの我が家が実現する自由設計の家づくり。
ご家族がずっと暮らす大切な住まいだから
「安心・安全」、「健康・快適」
過ごせる住まいをプロデュース。
昭和住宅の家づくりへのこだわりが
ワンランク上の暮らしを実現します。

家族を守る「強さ」があります

poinst 01 耐震等級 最高等級

耐震等級とは国が定める地震力に対する
倒壊・損傷のしにくさを3.2.1 等級であらわしたもので、
昭和住宅の家は耐震最高等級に相当する構造です。

最高等級である3 等級は、震度6 強から7 程度の
1.5 倍の地震に対して倒壊・崩壊しないレベルです。

耐震等級 最高等級

poinst 02 “耐震+ 制震” のダブル安心構造

耐震+制振+安心

「耐震」と「制震」を先進の技術で融合したダブル安心構造。柱・梁・壁などの強度で
地震の揺れに「耐える」地震対策に加えて、揺れを吸収する装置で地震の揺れを「制御する」
地震対策を講じることにより、大地震にも、繰り返す余震の後にも、
安心して長く住み続けられる住まいを創造しています。

poinst 03 国土交通大臣認定 耐力壁 X-WALL(エクスウォール)

昭和住宅の家では、国土交通大臣認定耐力壁「X-WALL(エクスウォール)」を導入。

X-WALLの制振性能
1耐震の強さ

「X-WALL(エクスウォール)」はガッチリとした強さと固さを
合わせ持ち、変形を抑える構造です。国土交通大臣認定・
壁倍率2.8倍という高い耐震性があります。

2復元力(粘り)の強さ

復元力とは変形しても損傷せずに、元に戻ろうとする効果の事です。
X-WALLが建物全体に復元能力を付加し大地震時でも元に戻り、 耐力の低下を抑えて残留変形を軽減します。

3制震の強さ

制震とは揺れを抑える効果の事です。
揺れにブレーキをかけ、変形を抑えます

※分譲地の自由設計が標準仕様です。

poinst 04 基 礎

昭和住宅では、家の荷重を建物の下、全面で支える「ベタ基礎」を採用しています。
これにより、荷重が分散され地震に強く安定性のある基礎を実現させました。

ベタ基礎
ベタ基礎

底部に鉄筋が入り基礎全体が一体化する ことで、建物の外周部や柱の下だけでなく、 建物の下を全面的に支えます。

布基礎
布基礎

防湿コンクリートは、床下に湿気が入るのを 防ぐためで、構造的なものではありません。

基礎

poinst 05 “防火” “耐火” に優れた住宅性能

昭和住宅の家は、省令準耐火住宅として万が 火災時にも家族の
安全を確保できるような住宅性能を持っています。

ポイント
省令準耐火構造の住宅の特徴
  • 隣家などから火をもらわない(外部からの延焼防止)
  • 火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない(各室防火)
  • 万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる(他室への延焼遅延)
↓

万が一の火災時に避難時間を確保できる性能を待っている家、
だということが公的に認可された構造の住宅です。

夏は涼しく、冬は暖かい快適な住まい

吹付け断熱材

自己接着能力によって躯体との間に隙間ができず、
長時間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。
高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、
建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。
また、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用していない、
地球にやさしいウレタンフォーム素材です。

吹付け断熱材
  • 人、環境への配慮

    人、環境への配慮

    環境に悪影響を与えるフロンガスを使わずに
    ホルムアルデヒドも発生させない、住む人にも
    施工する人にも優しい断熱材です。

  • 換気システムの効率化

    換気システムの効率化

    効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、
    漏気の原因となる隙間をふさぎ、優れた空気環境を
    長期間に亘って維持します。

  • 静かな住空間・吸音性能

    静かな住空間・吸音性能

    硬質ウレタンフォームによる隙間のない
    施工で高い機密性を実現。細かな気泡構造は
    吸音性にも優れています。

  • 長期間、安定した性能を発揮

    長期間、安定した性能を発揮

    連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、
    長期間に亘って安定した性能を発揮します。

世界でたったひとつの、愛ある我が家を。 世界でたったひとつの、愛ある我が家を。

施工事例を見る
商品ラインナップはこちら