スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

不動産の購入時期はいつくらいがいいのでしょうか?

2018/05/06

こんにちは。

 

新緑したたる好季節の到来です。

皆様、いつもブログを楽しみに観ていただき、

ありがとうございます。

 

今日は、岡野から皆様に、よくあるこんな質問にお応えします!

悩み

⇒不動産の購入を考えています。

まだざっくりとしたところまでしか考えていないのですが、

不動産の購入の時期はいつごろが適当なものでしょうか?

なるべく安い時期に購入をしたいなと思っております。

閑散期の方がいいのかなと思っていますが、

不動産会社の事情はわかりかねますので質問させていただきます。

 

 

というような、質問をお客様から受けることがたまにあります。

 

ズバリ!お応えします(^O^)/

丸尾くん

 

 

売買物件の購入時期は

「欲しくなった時」だとまずは思います。

 

新築でも中古でも時期をメインに考えてしまうと、

「時期に背中を押してもらう」事になってしまいます。

 

また、探し始めてから

3カ月で決めないお客様

契約までに 時間がかかる

業界的に言われており、

欲しくなった時が旬といえると思います。

 

住宅購入には、

個人的な買いのタイミング

(結婚・出産・第二子誕生・昇進・頭金が貯まった・・・等)

経済的な買いのタイミング

(住宅ローン金利・優遇税制・好景気・不景気・・・等)

があります。

 

 

多くのお客様は、

個人的な買いのタイミングを優先して考える方が多いようですが、

素人の方でも、不動産投資をやっているような方は

経済的な買いのタイミングを優先します。

 

売買の場合には、特に閑散期というものはないので、

みんなが買おうと思っている時は、

経済的な買いのタイミングではなく、

逆に、

みんなが買い控えをしている時は、

買いのタイミングといったような皮肉な現象もあります。

 

分かりやすく言えば、

需要が少ない時、需要が落ち込んだ時は買いのタイミングです。

 

 

価格だけではなく、金利のことや優遇税制のことなども考えると、

今はまさに、

買いのタイミングと言えるのではないでしょうか。

 

皆様のお役に立てば幸いです。

さる応援