スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

ノートを1冊と乾電池を買って記入しましょう。

2018/09/15

今日のこのブログ閲覧で数万円損しなくて良かったとおもえる内容ですよ。
新居にご入居の皆様も、住んで20年になる皆様も
ちょっとお時間をいただきますね。

リモコン付きの家電。
いっぱいありますよね。
照明器具、テレビ、ラジカセ?、血圧測定器、CDデッキ、音響装置、色々ありますね。
買ったときについてる乾電池そのまま使ってないですか?
買った時についているのは動作確認用のサービス電池がほとんどだそうです。

今日は家中のリモコンをすべて電池確認と取り換えをお勧めします。
( かなりオーバーですが・・・・ )

まずは買った時についてる取扱説明書とノートとペンをご用意ください。

乾電池の取り外し方は説明書を見ながらプラスチック蓋の爪を壊さないようにご注意ください。

リビングの照明  単四 電池2本
テレビのリモコン 単四 電池4本
トイレのリモコン 単三 電池2本
意外なところは
キッチンのガスコンロの着火用 単1 電池2本とか
玄関ドアの鍵部分の単三 電池4本とか
などなど・・・・
とにかくノートに記入します。

一度乾電池を取り外してみてください。

電池にもアルカリ乾電池、マンガン乾電池、リチウム乾電池等種類があります。
それぞれ特性があり、用途も違ってきますので、取扱説明書を確認する必要があるのです。

乾電池から白い粉吹いてるものがあれば、使用済みの歯ブラシや、爪楊枝などでリモコン内の清掃も
必ず行います。

アルカリ電池に向いている製品】…連続使用が必要な機器

・ICレコーダー、ミュージックプレイヤー
・携帯ラジオ
・ラジコンカー、乗り物系の電動おもちゃ
・光るおもちゃ
・デジタルカメラ
・ガスコンロ(の点火)
・ワイヤレスマウス
・LEDの懐中電灯

【マンガン電池に向いている製品】…微弱な電流で使用できる、スイッチのオンオフが多い機器

・掛け時計や置き時計
・テレビやエアコンのリモコン
・キッチンタイマー
・豆球の懐中電灯

取り外した電池がどのタイプの電池 マンガン電池、アルカリ電池
なのかを忘れずに記入しましょう。

家にあるものはめちぇえって混ぜて使うのは大変危険です。

そして取り外した乾電池は1つ1つラップに包んでお住いの自治体の回収日に廃棄しましょう。
取り外したそのままにしてると火事の原因になることもあるそうです。

実は 2,3日前から我が家のトイレリモコンが点滅していましたので気になってたんですが
今朝 思い切って取り換えをしました。
なんと乾電池から液漏れしていて白い粉吹いていました。

危ないところです。

 

って訳で皆様にも気を付けていただければお役に立てるんじゃないかなって
今日のブログに書かせて頂きました。

この作業もしっかり日時の記録で

あれ?もう取り換えなの?ってノート見てみると5年経ってたり

消耗度合いもわかるってものです。

記憶は怪しいですからね。

しっかり記録しておきましょう。

 

では 快適生活を!