スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

水害危険区域 建築許可制へ

2021/01/29 藤井

こんばんは

スウェーデンホーム展示場の藤井です。

今日は寒かったですが

最近、とっても温かい日が続いていて

昨日は、家の近所の田んぼの真ん中で、

日向ぼっこしている鳥を見かけました(;^_^A

DSC_2698

 

SYMMETRY_0002_BURST20210128102902135

多分、「さぎ」だと思うんですが

細い2本足で「気を付けの姿勢」で立ったまま

あまりにも動かないので

置物かと思って、撮影しようとしたら

飛んでにげちゃいました。。

SYMMETRY_0002_BURST20210128102953658

気持ちよさそうだったのに、「ゴメンね。。」

 

ところで、先日、こちらのブログでもご紹介されていました

↓      ↓     ↓

災害地域新聞_page-0001

こちらの記事が気になったので

色々と調べてみました。

 

国土交通省の「都市計画法などの改正案」では

今回の記事に直結はしていませんが

似たような事例が書かれていたので

参考にしてみてください👀

繝上じ繝シ繝峨€€蝗ス蝨歙page-0002

 

繝上じ繝シ繝峨€€蝗ス蝨歙page-0005

私たちの支店のある岡山県だけでなく

ほとんどの地域には

都市計画区域が定められていて

その中に

「市街化区域」

「市街化調整区域」

「未線引き」

などの区域があります。

 

昨年から、

こちらのブログでも

「総社市の市街化調整区域内での開発行為が出来なくなる!?

とお伝えしてきましたが

岡山市も西日本豪雨などで浸水した地域

の市街化調整区域では

開発申請が出来なくなるという話もあり

どうも

国土交通省の見直しが決定されると

いよいよ、本格的に

岡山県内での「市街化調整区域内での開発行為」も見直され

市街化区域内での土地価格の上昇がおこりそうです。。

 

市街化調整区域内に田んぼをお持ちで

相続される方が、農業をされないのであれば

ご家族でよくお話いただき

もし、売却を決断されるなら

早期に売出された方が良いかと思います!

購入をお考えの方も

この機会を逃すと、市街化区域内の土地しか選択肢が無くなるため

供給量がへり、今はニーズの高い地域でなくとも

土地価格が上昇するかも!?しれません。。。

 

RSKバラ園のスウェーデンホーム展示場では

当社の販売している分譲地は勿論

街の不動産屋さんがお持ちの土地情報も

お客様のご要望に合わせ

ご提案させて頂いております。

 

まずは、スタッフまでお気軽にお声をかけてみてください!!

お待ちしております(#^.^#)