住まいのお役立ちコラム

2022.05.30 お役立ち情報

マイホーム購入にはいくらかかる? 費用の種類まとめ

画像1
マイホームの購入は人生を左右する大きな決断です。費用も膨大ですから、慎重に決めたいものです。
この記事では、マイホーム(新築一戸建て)の購入にどれくらいの費用がかかるのか、さらに諸費用の内訳などについて解説していきます。

新築一軒家の購入に必要な費用

土地付きの注文住宅や、建売住宅などの一軒家ではどれくらい費用がかかるのでしょうか。2020年に「フラット35」が行った調査結果によると、全国の「土地付き注文住宅」の購入価格の全国平均は4,397万円。「建売住宅」の購入価格の全国平均は3,495万円でした。住宅の購入費用は地域によっても大きく異なり、首都圏では「土地付き注文住宅」が5,162万円、「建売住宅」が3,922万円となっています。建物や土地の広さによって購入価格は大きく変わるため一概には言えませんが、この数字が目安のひとつになるでしょう。

また、住宅を購入する際は物件と土地の価格だけでなく、さまざまな諸費用が発生します。新築一軒家の場合、物件価格の6%から10%が諸費用に当たると考えた方が良いでしょう。主な諸費用の内訳について見ていきます。

諸費用の種類

●申込証拠金
新築物件の購入を申し込む際に支払うもので、申し込みを撤回する場合は返金されます。購入代金の一部に充当され、2万円から10万円ほどが目安です。なお、申込証拠金が不要なケースもあります。

●手付金
契約の際に支払います。一般的に購入代金の5%から10%程度が目安で、購入代金の一部に充当されます。

●印紙税
売買契約書や住宅ローン契約書に印紙を貼る形で納める税金です。契約の金額によって印紙税の額は変動します。

●仲介手数料
不動産仲介会社の紹介で購入した際、仲介者に支払う手数料です。直接家主から購入する場合は支払う必要はありません。物件価格の「3.3%+6万円(+消費税)」を上限とするよう宅建業法によって定められています。

●不動産取得税
不動産を購入した時に支払う税金です。印紙税と不動産取得税の支払いは1度しか発生しません。

●固定資産税・都市計画税
1月1日に現在の対象不動産の所有者が支払う税金です。一般的には、売買契約時に日割りで計算し、売り主に払うことになります。

●登記費用
所有権の移転登記や抵当権の設定登記を行う場合、司法書士に支払う報酬です。

この他に、購入時に必要な費用として「頭金」が挙げられます。頭金は購入の際に現金で支払う必要があるお金で、物件価格の1割から2割が目安です。頭金なしで組める住宅ローンもありますが、その分、借り入れ額が増えて月々の返済額が高くなるため注意が必要です。引越しの費用や家具の購入費用も、初期費用として計算しておきましょう。

また、新築一戸建てではマンションのように管理や修繕のための積立金はありませんが、長年住んでいれば修繕の必要が出てきます。20年後、30年後を見据え、リフォーム費用のために購入時からきちんと計画を立てて貯蓄をしておく必要があります。

同じカテゴリーの記事