住まいのお役立ちコラム

2019.04.12 お役立ち情報

住宅ローンの審査が通らない…!意外な原因とは?

購入する物件が決まると、次は住宅ローンの審査を受けることになります。
最近は、ネット銀行が住宅ローンの貸し出しに力を入れているため、選択肢は広がっています。
しかし、そんな「住宅ローンが借りやすい状況」でも、やはり一定の方は審査に落ちてしまう場合があります。
今回は、住宅ローンの審査が通らない意外な原因について解説したいと思います。

 

住宅ローンの審査が通らない原因

電卓と貯金箱と家

住宅ローン審査が通らない原因は、「住宅ローンの契約者本人に原因がある場合」と「物件に原因がある場合」に分かれます。
住宅ローンの審査は、一般的に仮審査(事前審査)を行い、仮審査を通過した後に本審査、ローン契約、融資実行と進んでいきます。
金融機関は、住宅ローンの契約者と物件の両方を審査します。
つまり、どちらかが住宅ローンの借り入れの条件に適合していないと審査に落ちることになります。

 

住宅ローンの契約者本人に原因がある場合

家の購入を相談

金融機関が住宅ローンを貸し出ししたい人は、「健康で、ある程度の収入の見込みがあり、他に借り入れがない人」、つまり「長期の住宅ローンを延滞なく支払ってくれる人」になります。
この条件に当てはまらない方は、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

 

・完済年齢が超えている方
現在、多くの金融機関が、完済時の年齢を80歳前後としています。
この年齢を超えて、住宅ローンを組むことはできません。

 

・勤続年数が短い方
勤続年数は、金融機関によって異なりますが、3年以上あると安心です。
勤続年数の短い方でも融資してくれる金融機関もあります。

 

・年収が基準以下
年収は、融資額に影響を与えるため、年収が低い場合は、物件購入に必要な分の融資を受けられない可能性があります。
共働きの世帯は奥様の収入を合算して融資額を増やすこともできます。

 

・バイト、派遣社員、契約社員の方
各金融機関が提示している住宅ローンの借り入れ条件は、「安定した収入がある方」という記載がほとんどです。
正社員でなければダメ!という記載はありませんが、派遣社員・契約社員でも「安定した収入があること」を提示することで、金融機関によっては住宅ローンを借りることが可能です。

 

・他の借り入れがある、または返済の遅延があった方
金融機関は、他の借り入れ状況や遅延状況を個人信用情報機関から情報を取得して確認することができます。
審査の際は、隠さずに理由をしっかり伝えることが大切です。

 

・返済負担率、融資率を超えて借り入れようとしている方
住宅ローンの契約者が、これからしっかり住宅ローンを返していけるか、年収から返済負担率、融資率を計算します。
返済負担率、融資率が超えている場合は、融資の減額、または審査に落ちることになります。

 

・健康状態に不安がある方
住宅ローンを組む際、団体信用生命保険に加入するのが一般的です。
団体信用生命保険は、生命保険になりますので、健康状態に不安がある方は加入できず、審査に落ちる原因になります。

 

住宅ローンの契約者本人に原因がある場合

家の模型
次に、住宅ローンの審査に落ちる原因として、「物件に原因がある場合」を見ていきたいと思います。
金融機関は、住宅ローンの契約者がローンの支払いが滞った場合に、その物件を競売にかける権利を持っています。
しかし、競売にかけても、物件に欠陥があった場合は資金を回収することができません。
そのため、住宅ローンの審査では、契約者本人のほかに、物件についても厳しくチェックします。

 

・違法建築
建築基準法を満たさない物件は、融資不可になります。

 

・融資基準を満たさない物件
住宅ローンは、融資基準を満たした物件でないと、融資してもらえません。
住宅ローンは、契約者本人とその家族が住むために銀行が低金利で融資してくれる商品です。
アパートなどの収益目的の物件は適用不可になり、専用のローンを利用する必要があります。

 

このほかにも、虚偽の記載、親族の借り入れ状況なども厳しくチェックされる場合があります。
住宅ローンの審査に通るか不安な場合は、ハウスメーカーや金融機関の担当者にしっかりと相談しながら進めていくことをオススメします。

同じカテゴリーの記事