住まいのお役立ちコラム

2019.04.26 お役立ち情報

ここをチェック!モデルハウス見学時に注目したい3つの要点

モデルハウスの見学というのは、夢が膨らみ、とてもワクワクするかと思います。
憧れのマイホームでの生活を色々とイメージすると、とても楽しい時間になります。
せっかくのモデルハウスの見学会、この機会に物件をしっかり確認して、後悔しないマイホームの購入にしたいですよね。
今回は、新築一戸建てや分譲住宅を見学する際の確認しておきたいポイントについて紹介していきたいと思います。

 

家族と生活するイメージをしてみましょう!

新居で生活する家族

モデルハウスの見学時に、そこで生活するイメージを持てる家は、購入後の後悔が少ないと言われています。
必要なものは後から追加することが可能なため、なるべくシンプルで、自分の生活にあった家がベストです。
見学に行く際は、まずは自分と家族の生活をイメージしてみましょう。

 

見学時のチェックポイントはこの3つ!

新築住宅

「ゆっくり気が済むまで見学してください」と言われても、実際に何を確認したらいいのか、素人には難しいですよね。
モデルハウスの見学では、特に確認しておきたい3つのチェックポイントがあります。
それは、以下の項目です。

 

・日当たり
・生活導線
・庭、車庫、近所の様子

 

この3つの要件を満たす物件は、マイホームの購入候補に入れて良いかと思います。
それでは、1つずつ解説していきます。

 

・日当たり
近くに高い建物が建っていたり、隣の家との距離が近すぎると、日当たりが悪く感じられるかもしれません。
できれば時間帯をずらして見学にいくのがベストです。
日当たりの良さは、家を長持ちさせるだけでなく、住む人の健康状態や精神状態に影響を与えるため、妥協しないようにしましょう。

 

・生活導線
生活導線とは、キッチンからダイニングへ、ダイニングからトイレへなど、日常生活を送る上での人の必要な動きを線にしたものです。
この生活導線が短いほど、時短になり、住み心地の良いマイホームになります。
家族の生活スタイルと、モデルハウスの間取りを照らし合わせて、生活導線について考えてみましょう。
生活導線が長い家は、購入後の不満につながりやすくなるため、スムーズに行き来できる家が理想です。

 

・庭、車庫、近所の様子
モデルハウスの見学時は、どうしても最新設備や内装のデザインなどの建物の中に意識が行きがちです。
しかし、建物の外にあたる庭、車庫、近所の様子も確認しておくべきポイントになります。
分譲住宅では、すでに車庫や庭が作られていたり、工事中であることが多いでしょう。
庭に植えてある樹木は、数年後、手入れが必要になる可能性もあります。
また、車を所有しているなら、車庫入れの容易さもポイントになります。
さらに、近所の様子もしっかり確認しておき、できれば、モデルハウスの見学後に、近所を散歩するのも良い発見につながります。

 

いかがでしたか?
モデルハウスの見学というのは、実はとても大変なのです。
しかし、色々な物件を見学することは、とても勉強になります。
気に入った物件があれば、何度でも家族と一緒に足を運んでみましょう。

同じカテゴリーの記事