住まいのお役立ちコラム

2020.09.25 お役立ち情報

長持ちする家の秘訣とは?

maingimage

「住宅の寿命は平均30年」という言葉を聞いたことはありませんか?
欧米と比べて短いとされる日本の住宅。
高温多湿の日本と、乾燥気味の欧米では環境が違うので一概に比較できません。
しかし、少しでも長く使い続けたいという気持ちはだれしも持ちます。
家を長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要です。
家を長持ちさせるメンテナンスはどのような秘密があるのでしょうか。

長持ちさせるにはメンテナンスが必要

家を長持ちさせるにはメンテナンスが必要です。
メンテナンスは決して難しいことではありません。
壊れたもの、古くなったものを新しく入替えするのもメンテナンスの一つです。
入替え以外にも、掃除や整備もメンテナンスの一つです。

住宅で大きなメンテナンスといえば、外装を定期的に塗り替え住宅設備機器を入替えることでしょう。
外装のメンテナンスは雨漏りを防ぎ美観を保つのに必要です。
外壁は長年の風雨や紫外線、地震や台風による揺れで劣化します。
定期的に塗り替えを行い、外壁の性能を維持することが大切になってきます。
キッチンや洗面所、お風呂も毎日使うところです。
水回りは特に痛みやすく、壊れる前に交換が必要です。
壊れてからでは交換までに時間がかかり、その間は使えなくなります。
壊れる前兆は日々の掃除や整理でわかります。
開閉が悪い、何となく使いにくくなってきたといった感覚は大切にしたいところです。
壊れて慌てる前に定期的なメンテナンスが必要です。

長持ちの秘けつは家主の心構え

家を長持ちさせるには、何より「家を長持ちさせたい」という家主の心構えが一番大切です。
家主の心構えは、どんな良い材料やメンテナンス方法にも勝ります。世の中には無数の材料が出回っています。長期間メンテナンスをせずに使える材料や、メンテナンスキットが販売されています。しかし、いずれも無限に使えるというわけではなく寿命が延びただけでいつかは交換や修理を行う必要です。
「家を長持ちさせたい」家主の心構えが、家の隅々まで見渡して問題発見の契機になります。

家族に合わせた間取りの変更も家を長持ちさせる手段

家族構成に合わせて家の間取りを変えることも家を長持ちさせる手段の一つです。新築を計画する際に、将来の家族構成やご自身の変化まで考えて間取りを作るのがポイントです。
10年、20年と住んでいくと家族構成も変化します。子供が独立して空き部屋ができるかもしれません。両親が同居することになるかもしれません。御自身が体を悪くして、移動や入浴に介助が必要になるかもしれません。空き部屋をどうするか。同居の際はどの部屋を使うか。家の中の段差をどうするか。
新築計画の際は将来どういうふうに家を使うかを考えて計画するのも、家を長持ちさせるポイントです。

同じカテゴリーの記事